HOME  >  大家の悩みといえば、自転車・バイクの不当駐輪の体験談

大家の悩みといえば、自転車・バイクの不当駐輪の体験談

大家の悩みといえば、自転車・バイクの不当駐輪の体験談

自転車の不当駐輪でクレームに悩む Aさん
自転車も少額ではありますが賃料をいただいている場合、不当駐輪があるとすぐにクレームが入ります。歩行者通路に自転車がはみ出して駐輪されてしまったりすると、小さなお子さんが倒してけがをしたりすることがあるからです。自転車といえども世帯数が多いとかなりの台数があり、スペースも必要となります。ですので、強制撤去をしなくて良いように、警告の貼り紙等で対策を講じていますが、夜間の不当駐輪となると、なかなか効果が得られないのが悩みです。
アパート経営で大家の悩みといえば、バイクの不当駐輪だと言う B さん
アパート経営をしていると、大家さんは大小様々なトラブルに悩みを抱えます。例えばバイクや自転車の不当駐輪です。アパート住人の方には、ステッカーを配布してバイクや自転車に貼るようにお願いしています。しかしステッカーを貼っていない自転車やバイクも見かけるのです。まず「不当駐輪は禁止です」と車体に張り紙をして警告します。それでも撤去しない場合は、近所の交番へ通報しています。警察の方にはご迷惑をかけることになりますが、不当駐輪は犯罪なのです。

ホームメイトFC