HOME  >  アパート経営の悩みは賃料査定と家賃の引き下げ

アパート経営の悩みは賃料査定と家賃の引き下げ

アパート経営の悩みは賃料査定と家賃の引き下げ

アパート経営の悩みは賃料査定と家賃の引き下げ Aさん
祖母が大家をしていたので跡を継ぎ、アパート経営を始めました。住んでいる人たちは同年代が多く、子供が同じ小学校の方もいて、地域の事はよく知っているのでやりやすいのですが、税金のこと、賃料の査定のこと、修繕のことは分からないことばかりです。最近になって専門の管理会社に管理をお願いすることにしたので、少し肩の荷が降りたものの、新たな悩みも出てきました。入居者の方が、家賃の引き下げを訴えて来られたのです。確かに周辺にアパートが増えてきたので新しく募集するときの家賃は下がっています。でも全戸引き下げたら相当の痛手です。そこだけ下げても知り合いばかりのアパートで話が広がるのは時間の問題です。悩みは尽きません。
家賃設定に悩む大家の B さん
大家としてのアパート経営の悩みは家賃設定です。入居時期にも波があって、入学や転勤の時期には、ある程度の家賃を設定しても問題はありません。しかし、閑散期ともなると、入居者を募るのは大変難しくなります。だからと言って、短期間に家賃を変動させると、その金額より高い設定で入居された方からクレームが来るからです。ですので、物価が変わらない限り、家賃を変えることはしたくないので設定には悩みます。
アパート経営の悩みの一つに賃料の設定という cさん
義父が保有していたアパートを主人が遺産としてもらうことになり、3棟のアパート経営をすることになりました。主人はサラリーマンなので細々としたことは、私が大家として対応することになりました。その中で、主人と悩んだのが賃料の設定です。現在、空室となっている部屋の賃料を下げたほうが良いのか、または、賃料の交渉も考えて高めに設定した方が良いのか悩みました。また、下げすぎると今住んでいる人からの値下げ交渉もあるため、賃料設定は本当に苦労しました。

ホームメイトFC