HOME  >  アパート経営の現状回復における大家の体験談

アパート経営の現状回復における大家の体験談

アパート経営の現状回復における大家の体験談

アパート経営の現状回復における大家の体験談 Aさん
私は、叔父が大家をしているアパートの清掃を時々、手伝っていますが、これは、アパート経営が楽ではないという体験談です。先日、1人暮らしをしていた女性が入院中に他界された時のことです。数日後に、この故人の息子さんが訪ねてきて、故人の荷物の撤去についての相談かと思いましたが、故人が生前に借金を抱えていたようで、相続放棄の手続きを行なっているため、荷物は一切、引き取れないと説明されました。借金を放棄する代わりに、資産も相続できないということです。大家としては、早急に現状回復するため、自腹で粗大ゴミの撤去費用を負担したトラブルケースです。安くはない費用が発生し、敷金だけではカバーできませんでした。
大家としてアパート経営した時の敷金精算トラブル体験談 B さん
大家として小さなアパート経営をしています。そのなかで印象的だった、敷金精算のトラブルの体験談があります。女性専用のアパートだったので、そこまで汚れてはないかなと思いましたが、一人喫煙をする人がいて相当ヘビースモーカーだったらしく、壁がタバコのヤニで黄色くなりました。敷金精算では追い付かず、追加で料金を払ってもらおうとしたのですが、それは払えないといってトラブルになりました。折半する形でこちらも結構負担をしました。

ホームメイトFC