HOME  >  インターネットで入居者募集のテクニック

インターネットで入居者募集のテクニック

入居者募集

以前の入居者募集は、雑誌と店頭の図面張り出しが主流でしたが、時代の流れとともにインターネットでの入居者募集が急激な伸びをみせています。

これからは、新しい情報がいつでも気軽に見られるインターネットによる入居者募集が、入居者を獲得するカギになっていくのは間違いないでしょう。
入居者募集は通常、管理会社(不動産屋)が募集をしてくれます。
オーナー様として自分の物件がどのように募集されているのか、又はこれから募集してくれる会社を選ぶにあたり、1つの判断基準になる情報を載せましたので参考にして下さい。

インターネットによる入居者募集媒体
1.不動産会社自社ホームページ

・物件だけでなく会社概要などの情報を見てもらえる。
・会社の雰囲気を伝えやすい。
・物件情報をダイレクトにアピールすることが可能。
弊社では自社オリジナルホームページ8サイトを運営しており、地域に特化した形で集客に力を入れています。

2.賃貸情報検索サイト

・不動産会社のホームページよりも検索される可能性が高い。
・短時間に多数の物件・会社を閲覧する事が可能。
・不動産会社からすると他にも会社・物件が載っている為目立ちにくい。

3.携帯サイト

・何時でも、何処でも気軽に検索できる。
・パソコンを持っていないユーザーにも情報提供できる。
・画面が小さいため図面等見にくい場合がある。

インターネットでの物件掲載のテクニック
1.物件写真

・必ず物件写真は入れる。
・天気の良い日に斜め下から撮ると綺麗に写ります。
・室内の写真もあれば極力入れる。

2.間取図

・図面が汚いと物件も汚いと思われます、カラーで綺麗に作る。
・バルコニーを下にして間取図を作ると明るい部屋に感じます。(下が南向きのイメージが一般的にある為)
・文字は大きく見やすい字で。

3.その他

・キャッチコピーにペット可、バイク置場等重要キーワードは必ず入力。
・68,000円の物件は、賃料65,000円に管理費3,000円で入力する。「賃貸検索サイト」が5,000円刻みで表示している為。

その他にも、いろいろな注意点、やらなければいけない事がたくさんあります。これら全ての事をしっかりやって、膨大にある物件の中からようやく反響を取ることが出来るのです。

管理会社を選ぶにあたり、その会社のホームページを見てみましょう!

賃貸に力を入れている会社は、ある程度のホームページを公開している事が多いいです。
情報量が豊富なホームページでは、物件情報・会社概要・事業内容・地域周辺情報・社員の声・オーナー様向け・・・などのコンテンツがあります。
ある程度、その不動産会社の業務手法・考え方・方向性など仕事に対する取り組み方を感じ取る事ができます。

ホームメイトFC