HOME  >  フルリフォームにより空室対策になりますが、収支が合わない

フルリフォームにより空室対策になりますが、収支が合わない

人気の下北沢駅三軒茶屋駅周辺の賃貸物件に、必要となってきているリフォームがあります。物件の立地はもちろんですが、お部屋の設備も重要になっている昨今です。オーナー様は、どのような対策をしていますか?以前は部屋が空いても1ヶ月以内で決まっていたのに、今では2ヵ月・3ヵ月の空室は当たり前になっていませんか?そこには、新築物件増加による供給過多が考えられますが、室内の設備の変化も関係しています。しかし、新築に建替えるのは大変だし、まだまだ今の物件を活用していきたい人は多いでしょう。であれば、リフォームで今のニーズの設備を導入してはいかがでしょうか。お金は掛ってしまいますが、建替えに比べれば格安ですし、費用対効果のあるリフォームをすれば良いのです。では、どんな設備を導入すれば良いのでしょうか?今回は、人気の設備や意味のあるリフォーム術をご紹介いたします。

 

満室経営

 

【目次】

  1. リフォーム会社に一任では空室は決まらない
  2. 入居者の埋まる設備のリフォーム
  3. 賃貸でフルリフォームは収支が合うか?
  4. まとめ

 

1.リフォーム会社に一任では空室は決まらない

リフォーム・修繕

お部屋が汚い・破損があるお部屋に住むには抵抗が有りますよね?オーナー様の持ち物なので、どんなリフォームをしても構いませんが、実際はオーナー様の希望ではなく入居者様の希望をどれだけ取り込められるかが重要になり、家賃収入に繋がっていきます。

今では、入居者が退室した後のルームクリーニングはもちろんですが、今の入居者が好む設備を導入していく事が必要となっています。単にリフォームをするのではなく、効果の出るリフォームをする事により空室対策へ繋がっていきます。

物件の中には、壁紙や床は綺麗になっているのに水周りのクリーニングが甘く汚れが残っていると、お客様に敬遠されてしまいます。そうならない為に、リフォーム会社に一任するのではなく、実際に入居募集をする不動産会社に相談をして、借り手に喜ばれるリフォームをするようにして下さい。

理由として、リフォーム会社はあくまでもリフォームを卒なくするだけですので、入居者のニーズは把握していません。なので、毎日入居者に触れている不動産会社に相談する事により、空室対策に直結したリフォームが可能となります。

 

2.入居者の埋まる設備のリフォーム

空室対策

【単身用の設備ランキング上位】

『TVモニタ付きインターホン』『独立洗面台』『洗浄機能付き便座』『室内洗濯機置場』『浴室換気乾燥機』『オートロック』『ウォークインクローゼット』『宅配ボックス』『システムキッチン』等です。TVモニタ付きインターホンやオートロックのニーズは、女性のお客様が多い傾向が見受けられます。

様々な犯罪が増加しているので、防犯面を気にされる女性が多いのが理由となっています。また、音声のみのインターホンであれば、取り付けの費用も1万~2万と安価です。

まあ、洗濯物に花粉などがつくから嫌だ・雨や雪が降ると面倒・女性は下着を盗まれる等の理由で、室内洗濯機置場や浴室換気乾燥機が人気の設備になっています。最近の新築物件には室内で干せるように、室内専用の物干しがついている物件が多く人気です。

このように昔とは違い、雨風が防げるだけの安い物件ではなく、住みやすさや機能性の高い物件が好まれるようになってきています。

 

3.賃貸でフルリフォームは収支が合うか?

賃貸の収支

入居者のニーズを見極めてリフォームする事により空室対策に繋がります。リフォームを積極的にしているオーナー様は沢山いらっしゃいますが、なかなか決まらない事があります。

それは、入居者のニーズに関係のないリフォームをしているからです。例えは、最高級の井草を使って和室をリフォームしたとしても、和室自体にニーズがないので決まりませんよね。

中には、「フルリフォームをすれば家賃が上げられる。」と言っているリフォーム会社があります。賃貸市場の相場が下がってきている現状では、今までの家賃よりせいぜい相場よりも2,000円~3,000円上げられる程度で、リフォーム代を取り返せるかは難しい問題です。

結論は、フルリフォームをやらなければいけない状態でない限り、必要な部分だけリフォームして対応したほうが収支は良くなります。

 

4.まとめ

リフォームをする事により、今まで空いていた物件も埋まる可能性がグンとアップします。費用を掛ければ良いわけでは無く、ニーズに合わせた意味のあるリフォームが必要とされます。

時代も人もどんどん変化していますので、5年~6年ほどで最新設備やニーズが変わっていきます。したがって、短い周期での費用対効果を考えたリフォームが求められます。

何もしなければ、空室が埋まりませんが、やり過ぎも賃貸経営の収益を圧迫しますので、専門家とよく相談をして行うようにして下さい。

 

満室経営

ホームメイトFC