HOME  >  マンション経営の大家さんの悩みは共用部ゴミ捨て

マンション経営の大家さんの悩みは共用部ゴミ捨て

マンション経営の大家さんの悩みは共用部ゴミ捨て

マンション経営の大家さんが直面した共用部ゴミ捨てに悩むA さん
マンション経営で一番の悩みは、マナーを守らない入居者ですね。共用部に勝手にゴミを捨てられたりして、他の入居者から苦情がきます。大家として注意しても聞いてくれませんし、何回も注意することでトラブルになるにも嫌です。しかし、こんな人はだいたい出て行かないし、逆にマナーを守るいい入居者に出て行かれたらと思うと悩んでしまいす。共用部にゴミを捨てられたら、大家として掃除すればいいのですが、それをすると延々とゴミ捨てされるかもしれないし、悩みの種ですね。
共用部の雑草処理が悩みの大家のB さん
マンション経営をしている大家は、不労所得を得ているいうイメージがありますが、実際にはいろいろとやることがあって大変です。私がマンション経営していたときの悩みのひとつに、共用部の雑草処理がありました。除草剤を使用したかったのですが、お子さんを持つファミリー層の入居者が多く、除草剤の薬害を心配されてしまい、除草剤は使用出来ませんでした。仕方なく手作業で雑草をむしっていましたが、夏場などは雑草の成長が早く、毎週マンションに通う必要があり疲労しました。
共用部の清掃が悩みのひとつだったC さん
アパート経営の悩みとして、共用部の清掃問題があります。埃など、日々どうしても汚れる部分はしょうがないのですが、菓子類など食べ物の包み紙が多く捨てられることについては困りものでした。監視カメラなども設置しておらず、入居者が捨てているのか、外部から侵入した人間が捨てているのかもわからず、どう対策すれば良いかもわかりませんでした。結局「ごみを捨てないでください。監視カメラの設置を検討中です」といった内容の張り紙を貼ることで、ごみのポイ捨てが減少したのでよかったです。このことから、監視カメラはゴミのポイ捨ての減少になり、清掃の労力の減少にも繋がるとわかりました。

ホームメイトFC