HOME  >  マンション経営での不当駐輪自転車の体験談

マンション経営での不当駐輪自転車の体験談

マンション経営での不当駐輪自転車の体験談

マンション経営をしている大家が聞いた不当駐輪自転車の体験談 A さん
マンション経営と聞くと部屋を貸して、とりあえず管理するだけでしょうと簡単に考えてしまいますが、実際はそうではありません。大家の立場で考えると、様々な苦情への対応も考える必要があります。例えば、近隣の騒音や不当駐車、不当駐輪などです。車は、ナンバープレートもあるのでその都度対処できます。自転車の場合は、所有者の特定がなかなか出来ません。いつも、夜になると止まっている自転車が、実は盗難された自転車だったと言うこともあるように、様々な問題を想定しながらマンション経営をする必要があるのが現代です。
夜間のバイクの不当駐輪に対応した経験談 B さん
昼間のみ駐在して物件を管理している場合、夜間のバイクの不当駐輪ということは対応が遅れることが多くなってしまいます。他の住人から不当駐輪しているバイクがありますと聞かされることになるわけですが、朝にはバイクで出かけてしまいますので、確認する事が出来ないので困ってしまいます。バイクは大きいので、他の自転車が駐輪できなくなってしまうこともあるので、夜間駐在して注意を促したのですが、夜間ということもあり少し怖かったと記憶しています。

ホームメイトFC