HOME  >  マンション経営をする大家としての家賃設定の悩み

マンション経営をする大家としての家賃設定の悩み

マンション経営をする大家としての家賃設定の悩み

マンション経営をする大家としての家賃設定が悩みの A さん
私の兄が、ある地方都市のマンション経営をしています。そのマンションは全部で12戸で、築20年位になります。築10年目まではいつも満室状態でしたが、その後周りに新しいマンションが建つようになりました。そのため、空き室を埋めるために家賃を少しづつ下げる結果になっていったようです。家賃を下げるに際しても、その設定にはやはり悩みを伴ったようです。マンションの建築時の不動産ローンも残っているので、むやみに下げることは出来ません。現在は、周りの新築物件より安くすることで、どうにか満室を維持しているようです。
マンション経営で賃料査定の悩みを持つ大家のB さん
大家の悩みといえば、今の賃料相場がいくら位なのかということです。その土地の人気や建物の築年数などを総合的に考慮して、家賃を決めることが求められています。そういう意味では、その土地の相場について、家主も理解しておくことが重要といえるでしょう。インターネットで調べてみましたが、物件数が大量にあり築年数、広さ、賃料等がバラバラで良く分かりませんでした。やっぱり、地元の不動産屋に聞くのが間違いないと思いました。
賃料の設定に悩むcさん
大家がマンション経営をするのに、大きな悩みとなるのが賃料の設定です。賃料設定は結構難しく、少しでも高く貸したいのですが、賃料が高すぎれば借りて貰えないかもしれません。だからといって、安すぎれば賃貸経営が成り立たなくなってしまいます。うまく設定して、大きな利益が出るようにしなければならないのです。参考にする情報は、やはり周辺の似たようなマンションの家賃です。相場ということがあるので、それを無視する事はできません。賃貸管理会社の助言を頂きながら、最後は大家が決めなくていけないのです。

ホームメイトFC