HOME  >  リフォーム建替え提案

リフォーム建替え提案

木造などで築30〜40年経つと建物の老朽化や家族構成の変化などを解決するために、「リフォームをする」か「建て替える」かの問題に直面します。特に都心部など土地の利用価値の高い立地の場合、自宅や老朽アパートを建て替えることでより良い資産形成を築くことができる可能性があります。格安で効果の高いリフォームをご提案させて頂きます。
オーナー様の収益性を最優先に考え、特別価格でご提案させて頂きます。
提携:東建、旭化成、積水ハウス、ダイワハウス、住友林業、パナホーム、三井ホーム、その他

建て替えのタイミング

● 耐震性(築30年超物件)
1981(昭和56)年以前に建てられた建物は、古い耐震基準で建築されているので、耐震面から考えてそろそろ検討をした方がよい

● 維持・管理費の上昇(改修しても収入が増えない場合)
老朽化した建物および室内の補修・リフォームの規模とそれにかかる経費を算出の上、費用対効果のバランスから検討する

● 家賃の下落・空き室の増加(空室対策が見当たらない場合)
建物や設備が今の入居者ニーズと合わず半分近くが空室であったり、一年以上空室が埋まらない場合、空室対策に家賃を段階的に下げても効果がない場合は、建て替え時期を迎えていると考えた方がよい

ホームメイトFC