HOME  >  世田谷の人気の街下北沢・三軒茶屋での敷金・礼金事情

世田谷の人気の街下北沢・三軒茶屋での敷金・礼金事情

地方都市では、敷金・礼金や更新料が無い所が多いですが、世田谷の人気の街下北沢・三軒茶屋では敷金・礼金がある物件のほうが多いです。近年、空室問題が深刻化してきている影響もあり、敷金0ヶ月・礼金を0ヶ月にしてクリーニング代を入居時に支払ってもらうケースが増加しています。ゼロゼロにする事で初期費用を抑えられるので、賃料を下げるより他物件との差別化が図れ、人気の高い物件になっています。礼金は、大家様への謝礼金の意味合いで支払うものですが、敷金は、家賃等の滞納債務や退室時の原状回復費用に充てられます。昔は、敷金2ヵ月・礼金2ヵ月が当たり前でしたが、現在では敷金1ヶ月・礼金1ヶ月から敷金0ヶ月・礼金0ヶ月が主流になっています。空室対策としては、家賃を下げる事よりも、敷金と礼金を見直して初期費用を抑えたほうが効果的です。

 

満室経営

 

【目次】

  1. 敷金について
  2. 礼金について
  3. 世田谷の下北沢や三軒茶屋の敷金・礼金
  4. まとめ

 

1.敷金について

敷金

敷金とは借主が貸主に、家賃の滞納や原状回復費用の保全のために預けておくお金です。退去時までに滞納も無く、お部屋も綺麗に使用していた場合は、敷金からルームクリーニング代を差し引き残りはお返しするのが一般的です。最近では、敷金を0にして、契約時にルームクリーニング代を頂く物件が増加してきています。その背景には初期費用の減額や空室対策として導入しているケースが多いです。

 

『敷金0ヶ月のメリット・デメリット』

メリット

・初期費用が安くなる

・競合物件と差別可が出来る

・インターネットの閲覧数や反響率が上がる

・空室期間の短縮に繋がる

デメリット

・敷金を預かっていないので滞納時の担保が無い

・原状回復費用を取れない場合がある

敷金を0にする事は多少のリスクは負うことになりますが、空室期間の長期化のリスクを考えれば、敷金を0にして早く決めてしまったほうが良いとも言えます。その辺りは、入居募集の時期や状況により判断していきます。

 

2.礼金について

礼金

礼金とは、昔は賃貸物件が少なかったので、大家様へのお部屋を提供していただき『ありがとうございます』の謝礼金です。戦後からの慣習が今も続いています。

昔は礼金2ヵ月や礼金3ヵ月などが当たり前にありました。今以上に貸主と借主との関係が近かった為、部屋を借りる学生さんなどの親御さんが感謝を込めて支払う慣習とも言われています。

現在では、賃貸物件も増え借り手市場になってきていますので、借りる方も何で礼金を払わなければいけないのかと疑問に思う方が増えてきました。

また、少子高齢化で人口の減少が始まり探す人が減少している上に、新築物件が毎年増加していきますので、需要と供給のバランスは益々崩れていくと思われます。借り手市場になってしまった現状では、近い将来、どのエリアでも礼金が0になる事は覚悟する必要がありそうです。

 

3.世田谷の下北沢や三軒茶屋の敷金・礼金 

敷金・礼金事情

下北沢や三軒茶屋周辺の賃貸市場でも、増えてきている条件の中に初期費用(契約金)を抑えたいという事です。上記にも記載させていただいたように、空室問題が深刻化している昨今の中で、今までのやり方だけでは通用しなくなってきています。

空室が長く決まらないと、家賃を下げるのが一般的ですが、毎月の家賃収入が減少してしまいますので極力避けたいところです。そこで、下北沢・三軒茶屋エリアでは敷金・礼金各1ヶ月が多いので、敷金・礼金を0にすると賃料値下げよりインパクトがあり、早期契約が出来ます。

長く空けしまうよりは、毎月の賃料はキープして敷金・礼金の1次金を下げて決めてしまったほうが得策だと思います。それでも決らない場合は、家賃が相場にあってないことが明確になるので、その時に始めて家賃を下げるほうが、賃貸経営は安定します。

 

4.まとめ

大家様がリスクを背負っていく賃貸経営はもう目の前まで来ています。敷金と礼金の意味合いは変わりませんが、借り手市場になってしまった現状では、敷金・礼金が取れづらくなってきています。

今は、何もしなければ空室期間が長くなり賃料は下落していきます。毎月の収入である家賃の下落より、一時金の初期費用を落とす事で空室対策を取ったほうが、賃貸経営のキャッシュフローが上がりますのでお勧めです。

但し、繁忙期の時は多少家賃を高めにして、敷金・礼金もしっかり貰い、夏場の動かない時期は、敷金・礼金を下げて早期成約に繋げる様な、柔軟な対応をしていく事も必要になると思います。

 

満室経営

 

ホームメイトFC