HOME  >  世田谷区の賃貸アパートのゴミ置場(ゴミボックス)設置について

世田谷区の賃貸アパートのゴミ置場(ゴミボックス)設置について

世田谷区の下北沢、三軒茶屋エリアは賃貸物件が多く、それに比例してゴミ問題も増加しています。地域の居住者がゴミを出す集積場もゴミ出しのマナーの問題から、廃止となってきています。そのような状況になってくると、賃貸物件ごとにゴミ置場を作らなければなりません。しかし、ゴミ置場ですが意外と細かいルールがあり、自由に設置をすることができません。清掃事務所に届出や確認をする必要があります。また、ゴミボックスを設置した場合も、入居者以外の部外者も勝手にゴミを捨てに来ることもあります。ゴミ置場は設置したら終了ではなく、しっかりと管理していく必要があるでしょう。ゴミの出し方を見れば、どんな入居者が住んでいるか一目瞭然です。賃貸経営の中でもトラブルになりやすいのがゴミ問題です。正しくゴミ置場を設置して、入居者に良い環境で長く住んでもらえる物件にしていきましょう。

満室経営

 

【目次】

  1. 賃貸物件にゴミ置場(ゴミボックス)設置の注意点
  2. アパート経営で設置するゴミボックスのサイズ
  3. ゴミ置場設置の失敗例
  4. まとめ

 

1.賃貸物件にゴミ置場(ゴミボックス)設置の注意点

注意点

ゴミ置場はどこにでも設置できる訳ではありません。ゴミ置場を設置したのは良いですが、清掃事務所から回収NGが出ることがあります。正しい場所にゴミ置場を設置し、後から問題の無いようにしましょう。

ゴミ置場は清掃事務所の回収車が回収しやすいよう、全面道路に面した場所に設置する必要があります。ゴミ置場は建物の景観にも影響する為、なるべく目立たない場所に設置したい気持ちになります。しかし、清掃事務所は敷地の奥や建物の裏などは回収してくれません。

清掃事務所は何十件とゴミを回収するにあたって、回収車とゴミ置場の距離が離れてしまうと時間や負担が大きくなり、効率が悪くなるからです。

また、下北沢と三軒茶屋をつなぐ茶沢通りのように道路と建物の間に「歩道」がある場合、ゴミボックスは設置できません。ゴミ回収時に通行人にゴミが当たってトラブルになるケースや、通行の妨げになることから、ゴミネットを道路に面した歩道に設置することになります。※交通量によってはゴミボックスを設置できる場合もあります。

ゴミボックスを設置する場合は、ボックス設置の向きが問題になることがあります。清掃事務所としては、少しでも回収しやすいよう、ゴミボックスを道路正面に向けて設置することを求められます。

また、ゴミ置場を設置した場合、新たに発生する問題として外部からのゴミの廃棄があります。戸建てが多い住宅地ではあまり多くありませんが、下北沢や三軒茶屋のような都市部の賃貸物件が多いエリアは特に気をつけなければなりません。

居住者の入れ替わりが激しいため、マナーの低下が原因として挙げられます。対応としては、○○マンション専用ゴミ置場と明記することやダミーでも良いので防犯カメラを設置すると抑止力の効果があります。

 

2.アパート経営で設置するゴミボックスのサイズ

ゴミ箱のサイズ

ゴミボックスを設置する場合、世帯数を考えてゴミボックスのサイズを選ばなければなりません。ゴミが入りきらない場合はボックスの外にゴミが置かれてしまい、建物景観を損なうことや、近隣からクレームとなることもあります。

世田谷区は可燃ゴミが週2回出すことができます。10世帯までの単身用アパートの場合、45リットルのゴミ袋が9袋出せる400リットルサイズのものを設置すると丁度良いでしょう。

ファミリー物件の場合は単身用よりもゴミの量が多い為、500600リットルサイズのものを選びましょう。

 

3.ゴミ置場設置の失敗例

賃貸経営の問題

新築でアパートを建てられたオーナー様が募集依頼でご来店されました。現地を確認したところ、ゴミ置場がオートロックの中に設置されていました。これでは清掃事務所もゴミの回収はしてくれません。

ゴミ置場のスペースが既に出来上がっていることから新たに作り直すことはできない状態です。そのため、費用をかけてゴミの収集日に定期清掃を入れて、当日朝にゴミをゴミ集積場まで出してもらうようにしました。

本来、建築会社がしっかりと調査をして建築しますので、このような問題が起こることは有り得ません。しかし、実際に起きてしまったことですので、オーナー様の方でも念のためご確認するとよいでしょう。

 

4.まとめ

ゴミの出し方、分別方法は地域によって違いがあります。賃貸物件は様々なエリアから引越しをして来ますので、ゴミの出し方には注意が必要です。

特にオーナー様が同じ敷地にお住まいでない場合、管理ができずに物件が荒れやすくなります。そうして近隣からクレームとなってしまいます。入居募集や入居率の面でも、ゴミが散らかっている物件は敬遠されるようになり、賃貸収益にも直結します。

物件に専用ゴミ置場があることが当たり前になってきている現在では、しっかりとゴミ置場を管理することが重要です。※今回ご紹介の内容は、地域によって変わってきますので必ず物件のあるエリアの清掃事務所に確認をお願い致します。

満室経営

 

ホームメイトFC