HOME  >  入居募集から契約までの流れ!

入居募集から契約までの流れ!

① 入居募集

物件の資料を作成し、間取図や写真・地図などによって建物の特徴をご紹介します。お客様の希望条件に合った物件を紹介し、お客様が気に入った物件をご案内(実際に現地を見学)します。

 

② 申し込み

お客様が物件を気に入ったら申し込みの手続きをします。その際、大家さんに申し込みが入った旨を伝え、必要内容を記載した『入居申込書』をお渡しします。(FAX・持参・郵送など)

 

③ 審査

入居者に関する申込書が届いたらオーナー様自身で内容を確認します。
職場の在籍確認、保証人様の確認については責任を持って代行して行わせて頂きます。

保証人が取れない場合などに対して「保証代理会社」というものが利用されてきています。保証代理会社を利用すると家賃滞納に対する未収が無くなります。

最近では、保証人がいても保証会社加入を絶対条件される物件も増えてきています。

 

④ 契約

賃貸人と賃借人、双方の署名・押印をした契約書を交わします。
契約時には、「宅地建物取引主任者」が免許の提示をして物件の説明を必ずします。この説明をしっかりやっておかないと、後でトラブルの原因になります。

以前は契約の際に三者立会い(オーナー・入居者・不動産会社)で行っていた事も多かったのですが、最近ではお忙しい方が多いため三者立会いがなくなり二者立会い(入居者・不動産会社)(オーナー・不動産会社)で契約を履行するのが一般的です。

遠方の入居者の場合は郵送により契約を履行させることもあります。

ホームメイトFC