HOME  >  数ヶ月前から入居者と連絡が取れないケース

数ヶ月前から入居者と連絡が取れないケース

【質問】賃借人が不在で、連絡が取れなくなってしまった!数ヶ月前から賃借人と連絡がとれず、家賃も支払ってもらっていません。部屋に戻ってきている様子もなく、窓の外から部屋の中を見ても荷物が残ったままになっているようです。すでに契約期間も満了していて、このままだと次の賃借人に貸せません。やむを得ないので、荷物を当社で部屋から搬出し、新しい賃借人を探そうと思っているのですが宜しいでしょうか?

【回答】保証人を頼るか、建物明渡しの訴訟による強制執行手続きになります。法的な手続きによらず、自らの実行をもって権利を実現しようとすることを、自力救済といいます。自力救済は禁止されており、犯罪にもなります。

契約期間が満了したにもかかわらず、部屋の中に荷物を残したままになっている場合に、鍵を勝手に開けて中に立ち入り、荷物を搬出したり鍵を新しいものに交換したりすることは、自力救済にあたります。

本件のようなケースでも、部屋の中に勝手に立ち入ることはできません。また、契約書の中に「契約終了後に賃貸人は部屋の中に立ち入って残置物を搬出できる」という特約が定められていることもありますが、そのような特約があったとしても、公序良俗に反し無効な特約になってしまいます。

やはり、無断での立ち入りや荷物の搬出が認められることはありません。このような場合は、保証人に連絡して物件への入室の立会いをしてもらうようにしましょう。保証人も連絡が取れない場合は、建物明渡しの訴訟をし、強制執行による部屋の明渡しになります。

満室経営

 

ホームメイトFC