HOME  >  賃貸管理業務としての家賃徴収の体験談

賃貸管理業務としての家賃徴収の体験談

賃貸管理の大切な業務、家賃徴収での体験談

家賃滞納トラブルの体験談 A さん
大家としての賃貸管理体験談として、家賃滞納トラブルが発生したことがあります。2カ月間位までなら、催促すれば大体お支払いいただけますが、それ以上に未払いが続くと、支払い意思がないもしくは支払い能力がないとみなさなければなりません。強制退去という形は、法的な手続きになってしまいますのでなるべく取りたくないので、居住者とある程度顔見知りになって、円満に解決していくように努力しています。
大家の賃貸管理の一つ、家賃徴収業務の体験談 B さん
大家の賃貸管理のお仕事の一つが家賃徴収業務です。私はアパート経営をしているのですが、ある入居者が家賃を滞納するようになりました。電話や手紙では連絡がつかないので、訪問も何度かしたのですが、結局本人と合うことは出来ませんでした。そうこうしているうちに滞納額が膨らみ、100万円を越えてしまいました。その時私がどうしたか。まずは本人と接触しなくてはいけないので、訪問時間帯を21時以降に変えたのです。家賃滞納者は他にも借金を抱えている事が多く、貸金業法の規制で督促が出来ない21時以降に帰宅する事が多いからです。滞納家賃は貸金業法の対象外ですから、深夜でなければ大丈夫です。

ホームメイトFC