HOME  >  マンション経営を引き継いだ賃料査定の体験談

マンション経営を引き継いだ賃料査定の体験談

マンション経営を引き継いだ賃料査定の体験談

マンション経営を引き継いだ賃料査定の体験談 A さん
大家である両親が副業でマンション経営しています。近くマンション経営を引退する予定で、両親のこれまでの経験を聞き、それを参考にしながらこのマンションを引き継いでマンション経営をするようになります。そのときマンションの賃料をどのように査定し、賃料を決めるかで悩んでいます。近隣でマンション経営をしている友人の体験談や不動産業者などと相談しながら、マンションの大家となる心構えを、今からしっかりと身につけなければならないと覚悟しております。
家賃設定についての体験談 B さん
私が両親から譲り受けた土地にマンションを建て、大家としてマンション経営しています。その中の体験談として家賃設定について紹介します。ワンルームのマンションを建てたのですが周りにも同じようなワンルームマンションがあり、家賃は、そことの比較をしながら決めました。新築ということで、どの程度の家賃を設定したら良いか悩みました。また、マンション経営している友達から家賃の値下げ交渉があるから、少し高めに設定した方が良いとアドバイスをもらい家賃を決めました。すると運良く、値下げ交渉も数件で無事に全室契約となりました。
賃料設定について試行錯誤した体験談 cさん
マンション経営をしていて大家としての体験談について書きます。やっぱり、一番困ったのは賃料の設定です。ワンルームマンションなので1,000円の違いも大きいのですが、空室にならないようにしなければなりません。また、少しでも利益が得られるように設定するのは大変でした。私の場合、1階の部屋は上の階に比べて3,000円賃料を安く設定しました。そのことによって、1階は、空室なく借りてくれる人が見つかり良かったです。今のところ、空室もなくて、利益も得られているので良かったです。

ホームメイトFC