HOME  >  大家の家賃設定にまつわる体験談

大家の家賃設定にまつわる体験談

賃貸経営で重要な家賃設定をする為に必要なことの体験談

賃料査定について語るA さん
大家の仕事で賃料査定は、かなり慎重に検討したほうがよいです。周辺のリサーチはもちろん、物件のメリット・デメリットなどを十分に加味して賃料を決めていかなければなりません。数千円の違いで入居者を逃してしまうこともありますから、まめに査定を繰り返していく必要があります。また、賃料交渉に備えて、多少の幅を持たせておくのも良いかもしれません。
家賃設定の体験談を語るB さん
大家の賃貸管理には家賃設定があります。家賃設定は借主に魅力的な金額であることはもちろんですが、管理費等への割り振りも含め慎重であるべきです。建物の維持にも意外と費用がかかりますから、家賃にそれを上乗せするか、別途管理費として徴収するかなど、地域にあった方法を選択するのが良いかもしれません。いずれにしろ、周辺とのバランスをとることが最優先されるように思われます。
大家さんの体験談、賃料設定を語るC さん
家賃の設定は、賃貸管理をしていくうえで、一番の大仕事になるといっても過言ではありません。賃貸収入をどのくらい得られるかによって、物件管理にかけられる費用が決まり、自分の収入が決まってくるからです。空室になったり、補修にかかる費用なども含め、長期のスパンで費用を算出して、適正な金額を割り出すのはたいへんです。

ホームメイトFC