HOME  >  賃貸管理で一番の悩みである空室対策について

賃貸管理で一番の悩みである空室対策について

賃貸管理の一番の悩みは、やはり空室の長期化のようです。

空室対策に悩む大家のA さん
投資目的で不動産の大家をしているのですが、いろいろな悩みがあります。その中で一番深刻な悩みが空室の長期化です。空室があるとその分家賃が入ってこないため、賃貸経営をしていても気分が憂鬱になります。家賃が入ってこなくても、不動産にかかる固定資産税などの税金を払わないといけないので、キャッシュフロー面でマイナスになります。この状態を放っておくと最悪不動産を手放すことになるかもしれません。そこで新しい客付け専門の不動産屋に依頼をしました。餅は餅屋ということわざあるように、その道のプロにお願いしたところ短期間で空室が埋まりました。
空室対策としての広告掲載に悩むB さん
大家さんの賃貸管理の悩みに空室がありますが、その対策として広告掲載を広くしておくことは必要です。特に、インターネットは多くのサイトに掲載をしたほうが決まる確率が上がります。掲載内容や掲載媒体を精査することで、より多くの入居者に物件を知ってもらうことが出来ます。不動産屋のアドバイスなども参考にして、しっかりと対策を立てるようにしています。

ホームメイトFC