HOME  >  良い管理会社の見分け方?

良い管理会社の見分け方?

賃貸物件を扱う不動産会社の中には、入居者募集から契約業務だけを行う「仲介専門会社」と仲介と管理を並立して行っている「仲介・管理会社」、仲介は外部委託に徹して管理のみを行っている「管理会社」などがあります。

迅速にかつ優良な入居者を見つける為には、いかに優良な賃貸不動産管理会社と付き合うかが重要になってきます。賃貸管理会社といっても自社に仲介部がある会社や無い会社があります。

管理会社のタイプ
仲介部がある管理会社

メリット
客付け能力に優れている仲介部を持つ管理会社なら、自社で客付けを行なえますので、入居率が上がる可能性は高いです。
デメリット
入居後のさまざまなトラブル対応が、ずさんなケースも多いので注意してください。

仲介部がない管理会社

メリット
管理業務に絞って営業していますので、知識、経験が豊富なケースが多く、入居後の賃貸運営を最も得意としております。
デメリット
入居の客付けを仲介会社に頼っている為、空室の期間が長くなることがあります。

賃貸管理を選ぶポイントとして「客付力に強くて、トラブル対応に強いか!」が重要になるのは間違いないでしょう!

コマーシャルなどを行っている会社を含め、会社規模が大きいと安心すると思われる方も多いと思いますが、注意しなければならないのは、担当者がちょくちょく変わるケースが多く、その物件の事をよく理解していない為、様々な問題が起きてきます。
また、地域に古くから根付いている不動産会社も地域の事は大変詳しいですが、世の中の動向・情勢・新法(得にインターネット関係)についていけない会社もありますので、これもまた入居者募集管理に様々な支障がでる可能性もあります。
したがって、双方のバランスが取れた不動産会社を選ばなければ、安心した不動産経営ができなくなくなる可能性があります。

良い管理会社の探し方

1.会社全体がその地域の情報に詳しく、雰囲気が良いか!
2.集客力・募集力(特にインターネットの募集)に信用がおけるか!
3.担当社員が親身になって対応してくれているか!
4.その会社とお付き合いをしているオーナー様は満足しているか!
5.めまぐるしく変わる世の中の動向・情勢に対応できているか!

※気を付けなければいけない注意事項!

管理料を安く設定している管理会社もありますが、実際に空室が多ければ意味がありません。管理料が高くても空室の少ない管理会社の方が、結果的には収入が高くなる事も十分考えられます。
管理料の金額と仕事内容をしっかり吟味して撰ぶようにして下さい。迷ったら、管理会社の担当者会って、波長が合うところにする事をお薦めします。
いずれにしましても、大家さんとしては入居者と契約をしてからが重要ですので、入居後もしっかりとした対応をしてくれる管理会社を選びましょう。

ホームメイトFC