HOME  >  賃貸物件で飼えるペットの種類と対応策

賃貸物件で飼えるペットの種類と対応策

世田谷の三軒茶屋や下北沢エリアではペットが飼育できる物件は非常に少なく、ペット可物件を探しているお客様は通常の賃貸を探しているお客さまより、お部屋探しに苦労します。したがって、物件をペット飼育可能にすると、お客様のご紹介幅が広がり入居の申込みに繫がりやすくなります。しかし、入居前にきちんとペット対策をしておかないと、退出時にトラブルになるので注意が必要です。ペット可物件の場合、高い割合で通常使用したときよりも、痛みやすく汚れ易いことが認められますので、きちんと保全した上でペット飼育可能と条件を変更する必要があるでしょう。一昔前ですとペットといえば、犬猫が主であったと思いますが、近年では珍しい種類の爬虫類や哺乳類を飼育したい人が増えています。具体的なところですと、カメやイグアナ、ハムスターやモルモット等を飼いたいお客さまが多くなっております。一体どこまでが賃貸物件で飼えるものなのか、線引きが難しく、判断しづらい部分もありますが、そのようなペットを飼育できる物件は少ないので、対策をしっかりしてペット可物件にすれば、強力な空室対策として活用できます。

 

満室経営

 

【目次】

  1. 賃貸経営をする上でペット可物件の稀少性
  2. ペット可物件のトラブルを防ぐ為には
  3. アパート経営で判断の難しいペットの種類
  4. まとめ

 

1.賃貸経営をする上でペット可物件の稀少性

物件探し

近年、賃貸物件を探しているお客さまのお部屋に対する理想は高くなってきており、普通の賃貸物件でも何回かご来店を繰り返し、やっと物件を1つに絞るといったようなお客さまが増えてきております。

ペット可物件を探しているお客さまも同様で、物件に対してさまざまな理想を持っておりますが、一番のハードルとして、ペットが飼育できる条件が引っかかってしまい、なかなか物件が見つからないことが多いです。

事実、普通の賃貸物件とは異なり、ペットが飼育できる物件は市場の10分の1程度になっておりご紹介できる物件が一気に減ってしまいます。もしオーナー様の物件で最近決まりが悪く満室にならないことでお悩みでしたら、このペット可物件に思い切って踏み出してみるとよいかも知れません。

 

2.ペット可物件のトラブルを防ぐ為には

注意点

ペットを飼育可にした場合、通常賃貸で貸した場合よりも退出時にお部屋が汚れている可能性は高くなります。もちろん最大限注意して飼育をしてもらうように、ご説明をして契約をしますが、生き物ですので臭いや多少の引っ掻き傷は出てしまうものです。

なので、退出時の原状回復のことを考慮して、敷金を1ヶ月分増やして契約して頂くことがほとんどになります。更にその増額した1ヶ月分の敷金を退去時に償却にしておくと、確実に1ヶ月分の原状回復費用を確保できます。

またペット飼育可能物件でも、ペットを飼っていない入居者もいます。1棟丸ごとペットを飼っている入居者のみであれば、お互いの気持ちが分かりやすく多少ペットが鳴いていても理解されやすいですが、ペットを飼っていない入居者からしてみると、我慢できない人も出てきてしまいます。

ペット可物件であっても、共用部で散歩をさせたり、ずっと吠えていてうるさかったりすると苦情に繫がります。その際は、改善が取れるように予め契約時に対処方法を取り決めしておきましょう。『ペット飼育規約』(参考)

また、入居時には飼う予定のペットの種類や数を把握しましょう。動物は繁殖能力が高く、何匹も増え続けてしまう可能性があるからです。後はペットの写真を前もって貰っておくと、他のペットを勝手に飼ってしまう抑止力になります。

 

3.アパート経営で判断の難しいペットの種類

ペットの種類

ペット可物件の代表的な種類は犬と猫が挙げられますが、「飼育するのに小さいゲージ1つで飼育できる小動物もペットに当たるのか?」というお問合せを頂くことが有ります。

そのような種類のペットを飼っているお客様は、表面上でペット飼育可と表記された物件に問い合わせるのではなく、お客様の気に入ったお部屋でペットが飼えるかどうか、と言うような交渉型のお部屋の探し方をされる方が多いです。

この手のお問合せで多いのが、カメ、鳥、トカゲ、ハムスター、魚類です。正直この辺りのサイズの動物になってきますと、オーナー様に直接ご相談させていただいて、臭いや鳴き声等を考慮した上で、トラブルにならないか見極めて入居してもらうような流れを取っております。

 

4.まとめ

近年はペットの種類も増えてきており、どこまでの種類が賃貸で飼育するときに申告するべきなのか、はっきりしていないことが問題とされております。

なかでも、水槽で飼う魚類や、においの少ない小動物は申告するかどうかで迷われるお客様は多いようです。このような相談の場合は、もし入居募集で苦労している状況であれば、敷金の増額等のトラブル防止対策をした上で、ペット許可をしてあげてもよいかと思います。

賃貸市場は、まだまだペットが飼える物件は少ない状態です。ペット可物件に変更することにより、稀少性が上がり空室期間が短くなる事は確実です。物件が古くなり、入居募集に苦戦しているのであれば、有効な手段の1つとしてお考え頂ければと思います。

満室経営

ホームメイトFC