HOME  >  賃貸物件のご案内時の注意点を改善して空室対策

賃貸物件のご案内時の注意点を改善して空室対策

世田谷の下北沢、三軒茶屋エリアでの賃貸物件のご案内は注意するポイントがあります。お部屋をご案内致しますと、電気が点いたままになっていたり、窓が開いたままになっていたり、カギが開いたままになっている事が実はよく有ります。毎日、沢山の業者がご案内で出入りするため、管理しきれない部分はありますが、弊社ではこのような事を起こさないように、営業マン一人一人、徹底して確認作業を意識するようにしております。また、管理物件については、何か問題が起きればすぐに専任スタッフが現場に出向き対応出来るように、管理専門の部署を設けております。オーナー様や入居者のお力になれるように、日々さまざまな事に注意しながらお部屋をご紹介しております。これからも、トラブル無く物件のご案内が出来るように、しっかりチェックをしていきます。

 

満室経営

 

【目次】

  1. ご案内時に感じる空室物件のお部屋の臭い
  2. .賃貸経営で重要な共用部分の清掃・整理整頓
  3. 網戸が無いと入居者が決まらない?
  4. まとめ

 

1.ご案内時に感じる空室物件のお部屋の臭い

臭いの問題

お客様と色々物件を見ていますと、ちょくちょく気になるのがお部屋の臭いです。この臭いの中でも特に気になってしまうのが、タバコと下水の臭いではないでしょうか。

見た目にはキレイなお部屋でも臭いが付いていると選択肢から外されてしまい、長く空いてしまう原因となってしまいます。反対にお部屋に入ったときに、清潔な臭い、良い臭いがすると好印象が残り、物件を決める際にとてもプラスに働く事が有りました。

タバコの臭いは特殊な洗浄をすれば取れますし、下水の臭いはキッチン、トイレ、お風呂の排水口を塞いでおくだけでオーケーです。少しの事ですが、結果が大きく左右しますので、気をつけたい部分の一つとなっています。

 

2.賃貸経営で重要な共用部分の清掃・整理整頓

クリーニング

入居者は室内以外に物件のエントランス、階段、エレベーター、廊下、自転車置場、ゴミ捨場など共用部分もよくご覧になっています。

お部屋が凄く良くても共用部分に問題がある物件は、決まらない事が多いです。

そこで対応策ですが『共用部分には不必要なものを置かない』、『定期的に清掃する』、この二つで十分です。共用部分についてはスッキリ、キレイに保てるように注意したいですね。

 

3.網戸が無いと入居者が決まらない?

網戸

以外かもしれませんがお部屋を決定する時に結構気にされるのが網戸です。築年数の新しい物件は必ずと言ってよいほど網戸は付いておりますが、古い物件では網戸が無い事があります。

よくある残念なケースで、お部屋が古くなったのでフルリフォームをされる事がありますが、リフォームの甲斐あってお部屋は凄く良くなっているのに、なんと、網戸が付いていない(付けられない)という点で入居者が決まりそうで決まらないという事がありました。

せっかくお金を掛けてリフォームしたのにこれでは良くないですよね。網戸がどうしても付けられない物件はしょうがないですが、可能な限り設置したほうが今後のためにも良いはずです。

 

4.まとめ

毎日、物件案内をしていて気付いたのですが、お部屋、共用部分など、清掃等の気遣いがされていると結果早く入居者が決まっています。ピカピカにする必要は無くて、全体的に清潔感が有りお手入れされているという印象が与えられれば、入居者にはプラスに働くようです。

また、不動産会社の営業マンにも良い影響が期待出来ます。もちろん、どの物件でも大切に扱わなくてはいけないのは承知しておりますが、どうしても、お手入れがされていない物件は敬遠されてしまい、案内件数が少なくなってしまいます。

反対に、それなりにお手入れが行き届いている物件では、入居者の方も盛り上がりますので、ご紹介がし易くなり案内件数は増えます。お部屋だけ綺麗でもなかなか次の入居者が決まりませんので、物件全体をバランス良くお手入れしておく事が継続的な満室に繋がりますし、大事なポイントとなっております。

物件のご案内の際に、入居者及び営業マンに気に入って頂けるように物件をしておく事が、空室期間を短くする事にも繋がり、賃貸経営の収益がアップになりますので取り組んで下さい。

 

満室経営

ホームメイトFC