HOME  >  賃貸物件の放置自転車・バイクの対処方法

賃貸物件の放置自転車・バイクの対処方法

最近、自転車を乗っている若い人が増えております。世田谷のような道の細いエリアでは車移動よりも自転車やバイクでの移動が好まれるからです。賃貸物件においても駐輪場やバイク置場が付いていると多少駅から離れていても決まりやすかったりします。しかし、折角そのような駐輪スペースが物件にあっても、入居者以外の方が勝手に自転車を置いていたり、ひどい場合は、使わなくなったバイクを置かれてしまうこともあるようです。こんな経験をされたオーナー様は多いかと思いますが、このような違法迷惑駐輪は上手く対処しなければ、逆に訴えられてしまうケース(所有者に断り無く処分等)もございます。弊社が世田谷の下北沢・三軒茶屋エリアで管理している賃貸物件でも、この手の報告はかなり多く入ってきます。今回は、弊社がよく行っている自転車やバイクの違法駐輪に対する対処法をご紹介させて頂きます。

満室経営

【目次】

  1. 違法駐輪されやすい物件と駐輪されないための工夫
  2. 賃貸物件の放置自転車を処分したい時の注意点
  3. まとめ

1.違法駐輪されやすい物件と駐輪されない為の工夫

空室の改善提案

世田谷区は賃貸物件の過密地域でありますが、敷地いっぱいに建物が建ちしっかりした駐輪場がない物件が多くなっています。しかし、自転車をお持ちの入居者は増えており、道に放置しておく訳にはいきませんので、駐輪場のある他の賃貸物件に違法駐輪をしてしまうのです。

他の自転車にまぎれて置いておけば、それが入居者のでない違法駐輪かは分かりません。したがって、新たな入居者が入ってきた時に、自転車利用の有無や台数を把握して注意する事が必要です。

また、入居者の利用している自転車と、そうでない自転車を見分ける方法として、市販の駐輪シールを用意して、入居者に貼って頂くのが有効的です。その際に、シールに番号を振る事により、どの部屋の自転車かをしっかり把握できますので、トラブル時に迅速に対応が出来るようになります。

また、1台の放置自転車は複数の放置自転車を呼んでしまいます。現状で、1台でも放置自転車があるのであれば、すぐに対応する事が必要です。掲示板等に「違法駐輪や放置自転車は処分します」といった張り紙をする事も効果的です。

2.賃貸物件の放置自転車を処分したい場合

自転車の処分

放置自転車・バイクの処分を行う場合は手間や時間を要します。既に持ち主がいないことの確認や、防犯登録がされていれば、防犯登録の解除などの手続きをすることになります。

持ち主がいないことの確認をするためには、自転車に張り紙をします。期日を1週間から2週間程度に決め、「この期間に名乗り出なければ、処分させて頂きます。」といった文面で持ち主がいないことを確認します。

また、防犯登録をされた状態の自転車は、粗大ゴミとして引き取ってはくれませんので注意が必要です。その際は警察に連絡し、防犯登録の解除方法を聞くなどして防犯登録を解除しましょう。この作業を経て粗大ゴミとして引き取ってもらえるようになります。

なぜ、防犯登録を解除しなければならないかというと、回収した業者が転売目的で自転車を引き取っていた場合に、違法手続きに加担したとされてしまう場合がございます。このようなことのないように、きちんと処理する必要があるのです。

また、賃貸物件に併設された自転車置場は大抵物件の隅に有り、人目につきにくいケースが多いです。人目が無いところなので違法駐輪だけでなく、ゴミの不法投棄も多くなり問題化する場合があります。物件にあまり出向けないオーナー様は、近くの賃貸管理会社に定期巡回を依頼するもの良いかと思います。

3.まとめ

近年は、空前の自転車ブームです。特に世田谷エリアは流行に敏感な若者が多く、自転車利用者数は他のエリアに比べて圧倒的に多くなっています。したがって、放置自転車や違法駐輪が起こりやすい状態です。

悲しいことに、その撤去の費用や手続きは、オーナー様の方で負担し対応することになってしまいます。また、お住まいが物件から遠く、すぐに放置自転車の確認が取れないオーナー様は対応が遅れてしまいます。放置期間が長くなると、状況が悪くなりトラブルになる事もあります。

最近は、告知から撤去まで全てを請け負ってくれる専用の業者も増えてきておりますが、費用がかかってしまいます。大事なことは物件の敷地内に置かせないことです。

その為には、定期巡回を行い早い段階で対策を取ることにより、違法駐輪が無くなり入居者が気持ちよく生活する事が出来ます。結果、入居期間が長くなり賃貸経営のキャッシュフローが良くなり、経営を安定させる事に繋がるのです。

満室経営

ホームメイトFC