HOME  >  賃貸物件の雑草を除去して賃貸の収益性アップ

賃貸物件の雑草を除去して賃貸の収益性アップ

世田谷の賃貸物件でも、夏場の悩みといえばといえば雑草です。雑草が生えているだけで、物件の見栄えが悪くなり、虫が湧いてトラブルになってしまう場合があります。しっかりと手入れをすれば綺麗ですが、何もしないと直ぐに生えてきてしまい、この物件は管理がされていないなと敬遠されてしまいます。特に、遠方に住まわれているオーナー様は、頻繁に物件に来れないので放置状態になってしまいます。その結果、新たな入居者が決りづらくなったり、居住している方が退室してしまう事があります。しかし、草むしりの作業は定期的に行わないと意味が無いので、ご自身でやるとなるとなかなか継続出来ません。そこで、シルバー人材センターや草取りの専門業者に依頼する事を考えるのではないでしょうか?その中で、賃貸管理会社でも入居者の退室率減少に繋がるので、草取りを管理メニューに入れています。草取りに意識の無かったオーナー様も賃貸経営安定の為に、共用部の雑草除去を物件管理に入れるようにして下さい。

満室経営

【目次】

  1. 雑草による賃貸経営のデメリット
  2. 雑草を除去する事による賃貸経営へのメリット
  3. まとめ

1.雑草による賃貸経営のデメリット

賃貸経営の問題

物件の周りに雑草が生えっぱなしの状況を世田谷(下北沢・三軒茶屋)の賃貸物件でもよく見受けます。草は自然のものなので生えてしまうのはしょうがない事ですが、草が生えている事で賃貸経営にマイナスになってしまします。

お部屋探しの際に男女共にお部屋や立地は良いけど、雑草が生えていて管理状態が悪そうだから止めておこうと思う方もいらっしゃいます。また、雑草が生えている事で虫が湧いてしまい女性はかなり嫌がります。

また、世田谷(下北沢・三軒茶屋)は建物が密集していて、ジメジメしやすいので、雑草の成長も早くなっているようです。草取りを定期的に行う事は大変ですが、草取りを怠ってしまうと居住年数にまで影響が出てきてしまい、賃貸の収益性にも影響を及ぼします。

また、居住している人から家賃や管理費を払っているのに、「何もしてくれてない」「汚いから同じ家賃で綺麗なところに行く」等のクレームが起きてしまう場合もあります。

2. 雑草を除去する事による賃貸経営へのメリット

メリット

草むしりを行うとどんなメリットが有るのか?定期的に草むしりを行うことにより、物件が綺麗になりますので、新たな入居者様も気持ち良く入居して頂けます。また、居住している方からは、共用部が綺麗だとしっかり管理されていて安心だから長く住みたいなどの声も実際に上がってきています。

入居募集に関しても、今まで敬遠されていたお客様からも、再検討して頂き成約になる事もあります。近年、深刻化してきている空室問題ですが、草取りを含めた共用部美化により解消される部分はあります。

雑草は何度抜いても、また生えてきてしまう意外と大変な作業です。弊社の管理物件については、毎月、定期巡回をして雑草のチェックも合わせて行っています。雑草の処理については、除草剤を噴霧して枯らす事により、そのシーズンは生えてきませんので効率的です。また、除草剤は環境に優しいものを使用しております。

3.まとめ

雑草を放置する事は、賃貸経営にとってマイナスになります。雑草ぐらいでと思われるかも知れませんが、怠る事により今後の家賃収入・空室期間・居住年数に影響が出てきてしまいます。

自主管理されている方は、ご自身で小まめに雑草処理を行うか、多少費用は掛かりますが、草取り専門の業者や賃貸管理会社に依頼する事をお勧めします。費用対効果は高い項目ですので、是非実施するようにして下さい。

現在の賃貸市場は、人気エリアの世田谷(下北沢・三軒茶屋)であっても、入居者が入れ替わる度に、空室期間のロスと賃料下落のロスのリスクを背負います。

この時代に賃貸経営を安定させる為には、今居る入居者に長く住んで貰う「入居者を出さない管理」がカギになります。その為には、共用部の清掃や雑草の除去といった、共用部の美化が大変有効になってきます。

満室経営

ホームメイトFC