HOME  >  賃貸管理を入れるタイミング!世田谷エリア(下北沢、三軒茶屋)

賃貸管理を入れるタイミング!世田谷エリア(下北沢、三軒茶屋)

賃貸需要のある人気エリアは家主の自主管理が多く、賃貸需要のあまりないエリアでは、不動産会社による賃貸管理が多くなっています。それは、めまぐるしく変わる賃貸市場で、厳しいエリアほど家主と管理会社が協力して賃貸経営を行っているからです。そうした中、近年、下北沢三軒茶屋エリアでも、賃貸管理を導入する家主が増えてきています。なぜならば、空室問題や賃貸トラブルの増加により、これまでのような賃貸経営を継続することが難しくなってきているからです。それでは、どのような場合に賃貸管理を不動産会社に依頼することが良いのでしょうか。「賃貸物件を購入したとき」「家主の高齢化による場合」「空室が目立ってきたとき」などが起こると、賃貸管理の導入を考えるきっかけになることが多いようです。今回は、管理を入れるタイミングをご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

 

満室経営

【目次】

  1. 賃貸物件を購入したタイミングで賃貸管理
  2. 家主の高齢化のタイミングで賃貸管理
  3. 空室対策として賃貸管理
  4. まとめ

 

1.賃貸物件を購入した場合

投資物件購入

Unicode

投資目的で賃貸物件を購入された方は、ほとんど管理会社に賃貸管理を依頼します。理由は仕事を持っている

場合や、賃貸管理業務(入金確認やトラブル対応など)の時間や手間を見たとき、管理料を支払って管理の依頼した方が得だと考えるからです。

投資の場合、1棟・1部屋ではなく、様々なエリアで数件取得される事が多く、自宅から離れているので管理が難しいことも理由として挙げられます。

 

2.家主の高齢化

高齢者の入居

ご存知の通り日本は少子高齢化に伴い家主も高齢化しています。下北沢・三軒茶屋エリアも例外ではありません。オーナー様はご存知の通り、賃貸管理は良いことばかりではなく、様々なトラブルが発生します。

新築当初はあまり問題ありませんが、築年数が経過すると、建物自体も設備故障、雨漏り のようなトラブルが起こります。

高齢の家主様の場合、対応が難しくなり不動産屋に管理を依頼される方が多いです。家主様にお子様などに賃貸経営を引き継がれる方もいらっしゃいます。引継がれた方も、仕事をしているなどの理由で管理を導入するケースが多くあります。

 

3.空室が目立ってきた場合

空室対策

人口減少、新築物件の増加によって需要と供給のバランスが崩れた今、空室が社会問題となっています。地方に比べて東京都はまだ良く、その中でも世田谷区の下北沢・三軒茶屋エリアは特に人気があります。

しかし、人気エリアでも決まる物件、決まらない物件に分かれてきました。これまでと同じやり方では入居者を入れることが難しく、個人の経営手法では限界が見えてきました。

こういった空室問題を抱えてしまった場合にも、不動産屋に賃貸管理を依頼することで解決することができます。不動産業界では、当然ですが、管理料を頂いているので管理物件の募集に対する力の入れ方が違ってきます。

また、最新の入居者ニーズや市場を把握していることから、適正な賃料を設定できます。また、退室が出ると、空室期間やリフォーム代が発生してしまいますので、入居者へのアフターフォローを行い、現在では退室を出さない賃貸経営が大家様の収益アップに繋がります。

 

4.まとめ

上記以外にも、不動産会社に賃貸経営を任せるきっかけは多々あります。大切なことは、入居者をお客様として考え、より良いサービスを提供できるように努めることです。入居者目線に立ってみたとき、家主様の賃貸管理が不十分だと感じたときが賃貸管理を依頼するベストなタイミングです。

それは、空室率や空室期間でも量ることができます。これからの賃貸経営は決して簡単ではありません。入居者はいくらでも物件を選ぶことができる状況です。賃貸経営で収益を上げるには、入居者に「貸してあげる」から「借りてもらう」立場にシフトする必要があります。

このことに先に対応した家主から賃貸経営を勝ち抜ける時代に突入しました。とは言え、人気の世田谷エリアについては、しっかり空室対策をすれば家賃を下げることなく、現状よりも収益をアップ出来る物件も多くありますのでご安心下さい。

 

満室経営

ホームメイトFC