HOME  >  賃貸管理の大家さんの家賃設定に関する悩み

賃貸管理の大家さんの家賃設定に関する悩み

大家さんがもっとも悩む空室期間を短くする家賃設定とは。

賃料の査定に悩むA さん
賃貸管理での大家の悩みに家賃の設定があります。賃料ですが、周辺の平均の家賃をよく調べて設定した方が良いでしょう。やはり賃貸を借りる場合、家賃が大きな要素となりますから、魅力的な価格であることが望ましいです。もちろん、管理などにかかる費用も見込んで設定しなければなりませんので、少しでも高く設定したいものです。
家賃設定に悩む大家のB さん
アパートの大家をしています。賃貸管理において最も大きな悩みは、自分が所有しているアパートの家賃をどれくらいに設定するかという点です。大家としては、できるだけ高額な家賃で貸したい気持ちがあります。しかし、相場よりも高く設定すると、他の物件との競争に負けてしまって空室が続いてしまいます。一ヶ月でも空室になってしまうと収入が大きく減ってしまうため、なるべく空室期間を減らすことが重要だと感じています。そこで、相場より数千円ほど安い家賃を設定して、明確な価格競争力をアピールするように心がけています。
賃料設定に悩むC さん
賃貸物件としてワンルームのマンションを作りました。新しく賃貸管理をする上での悩みは賃料設定でした。今まで大家としての経験はなく、不動産屋に助けてもらいながら賃貸管理をすることになりました。賃料によっては、空室も出てきてしまうため周りの相場を気にしながら賃料を設定しました。駅から徒歩5分だったため、マンションが建つのと同時に全ての部屋に借り手が見つかりました。本当に良かったです。

ホームメイトFC