HOME  >  賃貸経営安定の為に防犯カメラを設置して空室対策

賃貸経営安定の為に防犯カメラを設置して空室対策

世田谷エリアでも、さまざまな犯罪が増加していますが、賃貸物件では、その対策として防犯カメラの設置が効果的です。防犯カメラも様々な種類、価格が有り、設置場所や使用用途によっても適正なものが変わってきます。世田谷の三軒茶屋や下北沢エリアでは閑静な住宅街が多く、特に、お部屋探しの女性のお客様は、防犯設備に関しては必須事項にしている方が多いです。オートロックや鍵の増設、強化ガラスに変更するなど、賃貸の防犯対策は年々パターンが増えてきておりますが、犯罪を犯す方も手口を変えて対抗してきます。映像を映すセキュリティとして、近年は音声のみのインターフォンではなく、通話の相手が見えるモニター付インターフォンを導入しているオーナー様が増えてきました。どんな人が来ているのかが分かったり、映像に残ったりすることは、事件が起こってしまった時に解決に至る可能性が高くなり、人気設備となっています。また、共用部の有効的な防犯対策として防犯カメラ設置があり、犯罪防止に大変役立ちます。今回は、賃貸物件に導入した場合のメリットやデメリットをご紹介していきます。

 

満室経営

 

【目次】

  1. 賃貸における防犯カメラ設置のメリット
  2. 賃貸物件に防犯カメラを設置した時の注意点
  3. 防犯カメラの種類
  4. まとめ

 

1.賃貸における防犯カメラ設置のメリット

メリット

①賃貸物件での犯罪防止の抑止力になる。

犯罪を行う場合、犯人は必ず物件に下見に行きます。そこで物件に防犯カメラが設置されていることが分かれば、犯罪を未然に防ぐことが出来ます。エントランスや、自転車置場、1階のバルコニー周辺に防犯カメラを設置し、監視をしているということを認知させる必要が有ります。

②ゴミだしや不法投棄対策にもなる

賃貸物件は、不法投棄や違法なゴミだしの場所に選ばれ易いです。入居者が複数いるので、足が付かないと思われてしまうからです。また外部からの違法行為だけでなく、入居者が期日にゴミ出しをしない場合にも、防犯カメラの映像を見れば誰が問題なのか一目両全です。犯罪抑止だけでなく賃貸物件の管理状態の向上にも期待が出来ます。

③入居率の向上に繫がる

お部屋探しの際に、物件のセキュリティを一番に考えている方も大変多くなっています。探している物件に、設備として防犯カメラが付いていれば申込みに繫がる可能性が高まります。防犯カメラと同じく、オートロックや鍵交換などセキュリティ対策は多く有りますが、この防犯カメラも入居者に喜ばれ、安心して生活できる設備になります。

 

2.賃貸物件に防犯カメラを設置した時の注意点

注意点

防犯カメラを設置する際に注意点があります。共用部に向けてカメラを向けることになりますので、どうしても入居者が映りこんでしまいます。入居者の中には個人情報保護を主張して、防犯カメラの映像を止めるように言われてしまうこともあります。

しかし、意図的に特定の入居者が映るような方向にカメラが向いていなければ、問題にならず防犯カメラを止める必要はありません。

バルコニーなどの入居者が専用で使用しているスペースに関しては防犯カメラを向けずに、共用部や道路方向を向くように上手く設置して下さい。また、近隣で犯罪等が起こったときに防犯カメラの映像提供を求められるケースもあります。

弊社も三軒茶屋や下北沢エリアの管理物件で、防犯カメラの映像提供を求められることがしばしば御座います。物件周りに起こる犯罪は治安悪化に繫がりますので、このような映像提供は協力するようにして下さい。

 

3.防犯カメラの種類

防犯カメラの種類

近年は安価で高画質の防犯カメラが販売されています。以前の防犯カメラは犯人の鮮明な顔が判別できず、時間が掛かり手間が多かったのですが、技術の進歩により高画質なものが、家庭用の防犯カメラでも普及するようになりました。

購入を検討されている場合は、なるべく鮮明な映像が録画できる防犯カメラを購入して下さい。また、犯行は夜間に起こる可能性があり、カメラによっては夜間に対応していないものもあります。

今は高感度の夜間対応型の防犯カメラも販売されておりますので、極力そちらの設置をして下さい。以前は警備会社が防犯カメラを設置し、警備会社が映像の管理をしておりましたので、防犯カメラの設置にはかなりの費用が掛かっておりました。今では、自身で映像の管理が可能になっていて、価格的にも安くなっています。

 

4.まとめ

世田谷の三軒茶屋や下北沢エリアは高級住宅街もあり、家宅侵入や、自転車の窃盗などの軽犯罪が増加傾向にあります。この時代の流れにより、入居者のお部屋探しの優先順位が変わってきており、防犯設備(オートロック,TVインターフォン、防犯カメラ等)が充実した物件に需要があります。

防犯カメラの設置は、勿論、防犯防止又はトラブルの予防に繋がる事が大事な目的ですが、空室期間短縮の為の設備としての役目も担っております。賃貸物件に対する防犯意識を今一度改め、賃貸経営安定の為、改善していきましょう。

 

満室経営

ホームメイトFC