HOME  >  連帯保証人を親にする事で賃貸経営が安定します

連帯保証人を親にする事で賃貸経営が安定します

入居者の入れ替えの激しい下北沢や三軒茶屋エリアでは、日々起きてくる入居者問題が起きています。その保全とも言われる連帯保証人の審査はとても重要です。年収があるから大丈夫・身内だから大丈夫ではなく、契約者がおこす家賃の滞納やトラブルをいかに対応してくれるのかが大切です。格差社会になり、入居者の質は落ちてきています。また、家賃を下げなければ決まらない時代でもあるので非常に難しいところです。貸す側としては「連帯保証人になる方はどんな方がいいのか?」「どんな基準で連帯保証人を決めるのか?」「連帯保証人がいない場合はどうするのか?」という問題をクリアにしていくことが大切です。今後増えていく様々なトラブルを円滑に解決していく為には、申し込み時の入居審査と連帯保証人の審査をしっかり行い、健全な入居者を入れることが必要になります。今回は連帯保証人についてご説明いたします。

 

満室経営

【目次】

  1. 賃貸経営において連帯保証人の重要性
  2. 賃貸物件で適切な連帯保証人は誰?
  3. 連帯保証人がいない場合の対応
  4. まとめ

 

1.賃貸経営において連帯保証人の重要性

入居審査

家賃の滞納などのトラブルが起きた際の保全として賃貸契約時に必要となり重要です。契約者と連絡が取れない場合に連帯保証人に連絡をすることにより、契約者は保証人に迷惑をかけたくない心理が働き、その後の対応が素直になる場合があります。家賃の回収がスムーズになり滞納が減少します。

もちろん、変わらない契約者も存在しますが、根気強く連絡を取ることで改善していきます。また、孤独死等で亡くなってしまった時の身元引受人にもなるのでとても重要になってきます。

このように、契約者が起こした問題に対応しなければいけないのが連帯保証人なのでとても重要です。弊社では申込時に電話で直接確認をして連帯保証人になる事の確認と保証人承諾書及び印鑑証明書を頂いております。

 

2.賃貸物件で適切な連帯保証人は誰?

検討中

連帯保証人は誰がなってもいいわけではありません。連帯保証人は契約者と同等の役割が課せられるので、何かあったときなどにしっかり対応してもらえる方になってもらいます。

ですので、基本的には身内の方に連帯保証人になってもらい契約を結びます。弊社では1番濃い関係の親御さんになってもらいます。たとえ収入が無かったとしても、実際に滞納やトラブルが起きたときに動いてくれるのが親御さんです。

収入が多いからといって知人になってもらったとしても、実際に問題が起きた際に対応してくれないケースが多く、困ってしまうのでやむを得ない場合以外は、親御さんになってもらうのが良いでしょう。

それでも心配な場合は2人連帯保証人を立てて頂いたり、連帯保証人の他に緊急連絡先をもらうようにします。このように連帯保証人は誰でも良いわけでは無く、トラブル時にしっかり対応してくれる人を選ぶようにして下さい。

 

3.連帯保証人がいない場合の対応

保証会社

入居者の中には連帯保証人をたてられない方がいらっしゃいます。外国籍高齢者・親と決別している方など様々な理由があります。

そのような場合は、知人等に保証人になってもらうより、保証会社に加入して頂いたほうが賢明です。保証会社に加入してもらうことによって、家賃の未回収は免れるので安心です。最近では保証会社必須の物件も多数出てきています。

外国籍の場合は日本語を喋れれば安心ですが、片言の場合は通訳ができる人を緊急連絡先にする事が必須になります。そもそも、連帯保証人がたてられない人は、保証会社を利用できる物件にしか住むことができないので、お部屋探しに苦労してしまいます。

 

4.まとめ

何も起きないのが一番ですが、家賃の滞納やトラブルはつきものですので、しっかりとした連帯保証人をつけることが重要になってきます。

昔に比べ家賃の滞納が増えてきているので、申込時にしっかりと入居者と保証人の審査をする必要があります。不動産会社の中には、特に調べることも無く申込を入れるところもあり、入居後のトラブルになりますのでご注意ください。

弊社では入居者と連帯保証人の確認をしっかりと行い、オーナー様と相談の上、契約しております。吟味して審査していても、入居してから何が起こるかは正直分かりません。そんな時、保証人がしっかりしていれば、トラブルが最小限に抑える事が出来ます。

保証人を重要視して入居していただくと、賃貸経営が安定しますので参考にして下さい。

 

満室経営

 

ホームメイトFC