HOME  >  鍵の交換について

鍵の交換について

【質問】新しい入居者が、鍵の交換費用は「支払わない」と言っています。新しく入居者が入る場合、鍵の交換費用を新しい入居者に負担してもらっているのですが、今回の入居者は「鍵の交換費用を賃借人が負担するのは納得できない」と言って、交換費用を支払ってくれません。仕方がないので、鍵を交換しないで引渡しをすることにしようと思いますが、それでいいでしょうか。

【回答】鍵交換は賃貸人の債務を果たす為の費用であり、本来は賃貸人が負担すべきです。賃貸人は、部屋を明け渡してもらうときには、鍵の返還を受けます。しかし、鍵を紛失して返還を受けられない場合もありますし、コピーされた鍵があるかもしれません。前の入居者が第三者に合鍵を渡していることも珍しいことではありません。

建物の管理者としては、鍵を交換しないまま新しい賃借人に鍵を渡してしまうと、返してもらわなかった鍵やコピーされた鍵を使って建物に無断で侵入される危険性があります。万が一、第三者が建物に侵入した場合、管理者としての責任問われる可能性も否定できません。

このようなトラブルを避けることは、賃貸人の責務になります。鍵の交換について、当然新たな賃借人の負担だと思っている不動産屋・賃貸人もいますが、正しい考え方とは言えません。鍵の交換は賃貸人の責務を果たすための費用であり、賃貸人が負担するべきものになります。

ただし、東京エリアでは賃借人の負担で契約しているケースが多数ですが、状況によっては柔軟に対応しましょう。

満室経営

 

ホームメイトFC