HOME  >  騒音のクレーム処理に悩む大家さん

騒音のクレーム処理に悩む大家さん

騒音のクレーム処理に悩む大家さん

騒音のクレーム処理に悩む大家の Aさん
騒音のクレームが出た場合、その対応にはとても神経を使います。やはり、注意を促す場合、現行犯のほうがよいからです。騒音を出していないときに話をしても、「やっていない」と言われてしまえば、それ以上は注意できないからです。しかし、騒音は日中より深夜のほうが多く、訪問するにも深夜に行くのは時間的に厳しいので、なかなか対応に憂慮します。ただ、たいていの場合、注意をすれば対処してくれますので、早めに対応しておくのがよいようです。
ペット不可物件のトラブルで悩み B さん
ペット不可のアパート経営をする大家が抱える悩みとして、どこまでがペットとみなされるかという事です。犬や猫などを放し飼いにしていれば、壁紙や柱に傷が付き、退去の際に契約違反として修繕費用を請求できるのですが、ゲージに入れたうさぎやモルモットなどは柱や壁に傷を付ける事は無くても、糞尿の臭いなどを部屋に染み込ませてしまいます。契約書の中にどこまでがペットであるかを明示する事で、退去の際のトラブルを防ぐ事が出来ます。
トラブルやクレーム対応に電話サポートを利用するか悩む cさん
大家アパート経営で悩みがあったりトラブルなどで電話サポートをしてくれるところがあります。電話サポートですので、解決のヒントや方策などを教えてくれます。しかし、実際には自分がそのトラブルと対峙しなければなりませんから、交渉事が苦手な自分には有効かどうか悩ましいところです。それならば、管理会社と契約して、すべての業務をまかせてしまったほうがよいかもしれないからです。

ホームメイトFC