HOME  >  賃貸物件入居時の自殺の説明について

賃貸物件入居時の自殺の説明について

【質問】自殺した物件の別の部屋を貸すときにも説明の必要があるか?マンションの一室で自殺がありました。今後このマンションを借りようとする人すべてに、自殺について説明をしなければならないのでしょうか?

【回答】一般人が心理的嫌悪を感じる場合に、法律的な説明義務があります。一般的に心理的嫌悪を感じる場合に、法律的に説明義務が生じます。

マンションでの自殺に関して、その部屋を次に借りる賃借人に対しては、自殺を説明しなければなりませんが、自殺があった物件の別の部屋を賃借しようとする人や、誰かに一定期間賃貸された後で借りる人に対しては、説明する義務がないと判断された裁判例もあります(東京裁判平成19年8月10判決)。

法律的な説明義務がなくても、入居後にマンションで自殺があったことがわかれば、気分を害する賃借人が大半です。トラブル防止の観点から、法律的義務がなくても、賃借人に自殺の説明をしておいたほうが良いでしょう。

満室経営

 

ホームメイトFC